2016年08月16日

Xbox 360最高のラインナップが今年

日本マイクロソフトは、東京・秋葉原のベルサール秋葉原にて8月24日~25日の2日間にわたってゲームイベント"Xbox 360『大』感謝祭 2012 夏"を開催している. "Xbox 360『大』感謝祭 2012 夏"では、今秋以降に発売が予定されている19タイトルの試遊台の展示が行われている他、『Halo 4』や『バイオハザード6』などのステージイベントも行われていた. ここでは、感謝祭会場の様子の他、本日行われたプレス向けのステージイベントのレポートをお届けする. 広いスペースに19タイトルの試遊台が並ぶ "Xbox 360『大』感謝祭 2012 夏"の会場は、前回の感謝祭と同じくベルサール秋葉原の2階で行われた. 会場の作りは前回同様に会場奥にステージイベントが設営され、入り口正面には、『Halo 4』の試遊台が並ぶ. 入り口正面奥には、『Halo 4』のマルチプレイと協力プレイが行える試遊台を設置. 会場内には19タイトルもの試遊台が設置されている. 『Halo 4』は、ソフトの予約票を見せると優先的に試遊台に並べるという"ファストパス"のシステムが導入されていたが、その予約表を持つユーザーが数多く押し寄せており、改めて『Halo』シリーズの人気を見ることができた. 開場後30分程度の様子. この後、列が2倍になるほどの混みようを見せていた "Spartan OPS"の序盤ステージを協力プレイで遊ぶことができた. 壁一列を『Halo 4』の試遊台が埋めていても行列ができてしまうほど. その他、『Gears of War: Judgement』や『ボーダーランズ2』など、Z指定のタイトルが並ぶ18禁コーナーにも、それほど長時間ではなかったようだが、順番待ちの列ができていた. 仕切りの奥で行われていた18禁ゾーン. 赤いライトもあわさってなかなか怪しい. ステージイベントは、13: 00~18: 00で1時間刻みで用意されている. 公式サイト を確認して、目的のステージイベントを見逃さないようにしよう. マイクロソフトのイベントといえば、衣装がいつもすばらしいコンパニオンのお姉さんも忘れてはならない. 今年度はマイクロソフトの人気ブランドタイトルが揃った 一般ユーザーの来場前に行われたプレス向けのステージイベントでは、まず日本でのXbox 360事業を統括している日本マイクロソフトの泉水敬氏が登場. 泉水氏は、今年で7周年をむかえるXbox 360について、発売当初からハードの革新とオンラインサービスの拡充、ソフトの充実といった3つを柱に、成長してきたと述べた. アディダスサッカーシューズ 中でもオンラインサービスについては、他社の追随を許さないほどの成長を遂げ、Xbox LIVE アーケードやXbox LIVE ゲーム オン デマンドといったゲーム配信サービスの他、Xboxビデオ(Zuneビデオ)、hulu、YouTube、MLG TVといった映像配信サービスにも対応している. さらに、Electronic Entertainment Expo 2012でも語られていたように2012年内には、bingを使った音声対応の検索サービスやInternet ExplorerといったWebブラウザー、動画配信サービスの楽天Showtimeにも対応していく予定だという. あわせて、年内にはPCやスマートフォンと連携させて、Xbox 360を利用できるサービス"SmartGlass"を展開. Xbox 360やPC上で途中まで見た映画を、外出先でスマートフォンを使ってその続きから見たり、プレイ中のゲームの情報を手元のスマートフォンで確認できたりなど、さまざまな使い方が可能となっている. タイトル面では、今年度は『Halo』、『Fable』、『Forza』、『Dance Central』、『Gears of War』(2013年春発売予定)といった、マイクロソフトが持つ人気ゲームブランドが一挙に発売されることになっており、まさにハード発売7年目にして円熟の年になったといえる. 今年最大の目玉『Halo 4』やケイブの新作など→(2ページ目へ).
posted by SuganamiKasumi at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: