2016年04月10日

金利先物取引、昨年は半減 超低金利定着が

金融先物取引を扱う東京金融取引所は26日の決算発表で、金利の先物取引量が2012年3月期は前期から半減し、この分野の営業損益が12億円の赤字になったことを明らかにした. 日本銀行の緩和政策による超低金利がしばらくは変わりそうにないという見通しが広がり、企業や投資家が金利変動に備えて先物取引を使う動機が乏しくなっているという. スパイク サッカー ナイキ decapmosan 12年3月期の1日当たりの金利先物取引は約2万3千枚(1枚は元本が1億円)で、前期の4万6千枚から半減した. nodecliasnor 金融緩和が続く今年は、過去最低だった03年3月期の1日当たり1万5千枚を下回る可能性があるという.
posted by SuganamiKasumi at 07:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: