2015年10月29日

こうのとり再突入、壊れる様子観測へ 有人

H2Bロケットによって21日打ち上げられた無人補給船こうのとり(HTV)には、国際宇宙ステーション(ISS)への物資補給が終了してISSから切り離された後、地球の大気圏に再突入して自らの機体が壊れ、燃える様子をとらえる観測機器が載っている. 観測データを詳しく分析することで、日本独自の有人宇宙船の開発に必要な技術を得るのが究極の目標だ. 宇宙船が地球の大気圏に再突入すると、機体は空気によって激しく加熱される. 安全に地球に帰還するには、宇宙船は高熱や衝撃に耐えなければならない. 搭載されているのは「i―Ball(アイボール)」と呼ばれる観測機器. 日経平均、3ナイキ CTR360営業日続落 終値8793円0 直径40センチの球体で、カメラや計器が仕込んである. 大気圏でHTVが壊れ始める直前の上空約80キロから観測を始める. 玩具の宝箱】1月のタカラトミーアーツのカ 破壊が始まると機体の外に放出され、破片が燃え尽きる様子を撮る. 温度や加速度、位置なども測る. 上空約6キロでパラシュートを開いて落下、着水し、取得したデータを送信する.
posted by SuganamiKasumi at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: